You are here: Home / 私が通う不妊治療(鍼灸)の体験談

私が通う不妊治療(鍼灸)の体験談

今現在、私も悩んでいるのが不妊です。子どもが欲しいのに、なかなか妊娠しない場合、不妊治療を考えたほうがいいと思います。」様々な治療法がありますが、まずは婦人科で検査してもらうのが一番よいと思います。どういった原因がかるかわかりますし、どのような治療があるのかも判断できます。治療は婦人科でも受けることができますが、新しい不妊治療(鍼灸)という方法もあります。私が通っているのがこの方法です。自分の体調の悪い部分や、妊娠に効くつぼに鍼を打ってもらい、また場合によってはお灸も組み込んでもらいます。東洋医学なので、体への負担も少なく、体の他の部分への治療も同時に行ってもらえるので、安心して通えます。

どうして鍼灸に通うようになったか

当初は、婦人科での治療を行っていました。元々悪い部分はなく、排卵がされにくい可能性があるとのことでしたので、投薬による治療を行いました。普通は副作用がほとんど出ない、軽い薬だったのですが、私は副作用が出てしまい、頭痛や体調不良を起こすようになってしまいました。それでも子どもは欲しい、不妊治療には積極的に通いたいと考え、鍼灸を選ぶことにしました。不妊治療(鍼灸)は目に見える効果が感じられるか不安だったり、鍼が初めての人は緊張すると思います。通う前に、どういった治療を受けたいのかカウセリングを受けると安心です。一度、体の様子も見てもらえば、どこの不調が不妊に繋がっているかも教えてもらえ、どのような治療になるかも説明してもらえるので、安心できると思います。

不妊治療(鍼灸)に通い出して

現在も、引き続き不妊治療(鍼灸)通っていますが、ひとつの目安として3か月を考えるとよいでしょう。急に結果が出るものでもありませんし、少しずつ改善されていくものだと思います。私自身も、1か月通ったあたりから、生理痛が軽くなり、体温も徐々に安定してきました。薬と違いますし、ゆっくり気長に構えたほうが、体にもよさそうです。また鍼灸の場合、保険がきかないのでそれなりの金額になることを考えておきましょう。通う前に、いくらかかるか聞いておくといいかもしれません。それでも、体への負担は少ないですし、私も鍼が苦手だったのですが、慣れてきて、体の爽快感を感じるようになりました。目や肝臓が子宮の動きに繋がるなど、知らなかった知識を得ることもでき、自宅での生活も改善するようになりました。食事面などのアドバイスも受け、鍼灸と合わせて、前向きに不妊治療に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*